我ら、ぼにぴん人

石巻で新しいコトを始めたり、これから始めようとする人たちのスピリッツをご紹介。

2017.04.17|我ら、ぼにぴん人

苦悩しながらも善いものを~桃生ポーク物語

石巻は水産の街として有名ですが、実は広大な農地にも恵まれ、 お米や野菜づくりのほか、牛や豚などの畜産業も行われています。 中でも、地元のブランドとして知る人が多い『桃生ポーク』。 …

2016.11.25|我ら、ぼにぴん人

鈴木明子さんが石巻にやってきた!元オリンピック選手が子ども達に伝えた「一生懸命に生きる」ということ

東北福祉大学出身で元オリンピック選手のプロフィギュアスケーター、 鈴木明子さんが石巻の小学校にやってきました! 全国5つの小学校を訪問するという出張体験型授業 「スケートキャラバン…

2016.06.20|我ら、ぼにぴん人

vol.5 : 被災企業がつながり、共に復興を~松本俊彦さん 

震災後、石巻を代表する水産加工会社が手を結び、 各社自慢のアイテムを詰め合わせ、セット商品として販売。 消費者に強く「石巻」を印象づけ、 産業復興の牽引役となってきた『一般社団法人…

2016.05.10|我ら、ぼにぴん人

街に色を取り戻したい~後藤文吾さん・夫紀子さん

定年後は、海外にでも移住しようか……。 そんなことを話していたら、59歳の時に東日本大震災が発生。 「悠々自適の年金暮らし」の舞台はそのまま、 仕事で訪れた石巻になった。 5年目を…

2016.05.01|我ら、ぼにぴん人

vol.4 : 「身軽になった港町」で貸し服屋を~佐々木麻衣さん(28歳)

震災で、たくさんの「モノ」を失った石巻。 大きな喪失感に襲われたけれど、その先では「モノ」への執着心がなくなり、 震災前よりも軽やかな生き方を手に入れた、という人が少なくない。 そ…

2016.04.05|我ら、ぼにぴん人

vol.3 : 『自立して働き、地道に暮らすことが復興につながる』堀込亘さん

津波で家を流され、自身も被災しながら社会貢献活動に従事。 柔道整復師という国家資格を取得して、 石巻で『快笑整体院』を開業した堀込亘さん(39歳)。 その道のりは、とても過酷。 し…

2016.01.05|我ら、ぼにぴん人

vol.02 : 『浜の仕事を変える開拓者に』豊嶋純さん

全国的にも牡蠣の産地として有名な石巻。 市場では、高級なイメージがあるけれど、 牡蠣を育てる漁師が得る収入は、とても少ないのが現状。 今回の『ぼにぴん人』・豊嶋純さん(35歳)は、…

2015.11.27|我ら、ぼにぴん人

vol.01 : 『農地、人材を再活用し、みんなに“いいこと”がめぐる仕組みを』佐藤仁美さん

今や日本中に存在し、 悩みの種とも言われる「耕作放棄地」。 農業者の高齢化や後継者不足などで 手をかけられない田畑は、 草が生い茂り、 荒地となったまま 放置されていることが少なく…